スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直リンクの可否

Category : 雑記
個人的には、直リンクも全然問題ないと思う。
むしろやるべきだと考えてる。
ただし、htmlページへの直リンクを推奨するのであり、画像等の特定ファイルへの直リンクは推奨しない。

そもそも、ホームページ管理者が、閲覧者は常に明示した順に沿って見てくれる等と思う方が傲慢なのだ。
閲覧者は直ぐにでも情報を見たいと思ってる。これはホームページを見たことがある人間なら一度は思っただろう。
直リンクというのは情報への最短ルートであり、これを用いた方がユーザビリティが向上するのは分かるだろう。
アマゾン等が行っているアフィリエイト・プログラムも商品に直リンクを張ってユーザビリティを向上させ売上をUPさせると言う非常に合理的な方法だ。

ホームページなんてのは入り口が無数にある家だと思えばいい。
入り口が多いなら適切に案内するのも家主の務め。
改善するには、
・常に自分が何のサイトを見てるか判るように、ロゴを表示
・どこからでもトップページに行けるようにしておく
・サイト内検索を設ける
そして、現在位置が分かるように他ページからの相対位置を明示する。
これだけで、ユーザビリティは向上して閲覧者は好きな所からページを見始めて好きなページへ辿り着ける。
これが本来のホームページのあり方だと思う。

そう考えるとBlogは非常にユーザビリティに優れたサイトだ。
どのページでもBlog名が見え、トップページに辿り付ける。
サイドバーに検索BOXを付ければもうばっちりだ。
この機能を殺し直リンクをするなというのは、Blogを冒涜している事に他ならないと私は思う。

本当に直リンクして欲しく無いページなら、htaccessなりcgiなりでリンクを辿らないとページを表示できないようにしたり、
METAタグを書いてロボット型検索エンジンにHitしないようにすればいい。
これを怠ったうえで直リンクをするなというのは、管理人の手抜きだろう。

結局、無断リンク禁止宣言も直リンク禁止宣言もWWWの発展の妨げにしかならないと考える。
今一度、ホームページ管理者の方々は熟考していただきたい。

ここまで偉そうな事書いたけど、全部アメリカのJakob Nielsen博士の受け売り。
こういう読みにくい文章も博士からするとユーザビリティに欠けるんだけどその辺はご愛嬌ってことで。
直リンクに関しては↓を読むことをお勧めしておく。
http://www.usability.gr.jp/alertbox/20020303.html
ほら、直リンクだと直ぐにたどり着けて見やすいでしょ?
ついでに、他の記事も読むといろいろ考えることが出てくると思う。
時間が有るなら是非読んでみてはどうか。

ぶっちゃけ、日本人はサイトを作るのは好きだけど管理は下手なんだろうな。
これは私にも当てはまること。
そろそろサイトの作り直しを考えないと・・・・・・

そもそも、私ってこんな固い文章ばっかり書く人間だっけ?
自分で自分が分からなくなってきた。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

プロフィール

あるまげ

  • Author:あるまげ
  • フィギュア原型作ってイベント参加したりしてます。
    ディーラー名は「みずうみの底」
    プラモもほどほどに。

    時々ドールとかゲームの事も。



Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
8113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィギュア
358位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

アーカイブでクラウド

リンク

RSSフィード

FC2カウンター

読書

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。